取り組む姿勢を評価する

取り組む姿勢を評価する

取り組む姿勢を評価する

では、コンテストに出場したのだ、という美容師に対しては「大したことないな」と思うのは当然なのか、というと全く評価に値しない、というわけではないでしょう。コンテストに出場しようとする事には大きな意義がありますし、美容室でも積極的に参加ウするような指導をしている所も多いようです。美容師がコンテストに出場する、というのは単純に日頃やっている事をコンテストの場でやればよい、というものではなく、コンテストで入賞するためにはそれなりの練習も必要とされるものです。ですから普段の仕事をしながらコンテスト出場への準備をする、というのは実はとても大変な事なんですよね。一般のサラリーマンでも仕事をこなしながら何か資格試験や昇級試験を受けようと思うと、かなり大変な日々になるとと言う事は容易に想像がつくと思います。ですからそうやってコンテストに挑む、という姿勢は美容師としてはとても評価できる事なのではないでしょうか。いくらエントリーするのは自由だとはいえ、意味も無くエントリーする人はいないでしょう。エントリーするからには予選突破、入賞を狙っているはずですし、そのための勉強や練習をしている、という姿勢はとても評価できますし、向上心の高い美容師である、と言えると思うのです。

 

コンテストに出場したと言う意味

 

美容室選びをする時に「コンテストに出場したスタイリストがいる」となると、私達はなんとなく凄い美容師がいる、という風に認識してしまいがちです。そもそもコンテスト、という言葉に弱いのかもしれません。普通の日々を過ごしている者にとってはコンテストという名の下で人と競う事などありませんから、そこに身を置く、というだけでもすごい事の様に感じてしまいます。そういうお客さんの目線を意識してか、美容室側も「コンテスト出場経験あり」という事をアピールしたり、美容師自身が「コンテストに出たんですよ」という事でお客さんに話す事もあります。ですが実際にコンテストというのはエントリーは自由ですし、予選があったとしてもかなりの人数が通過できる、入賞者も複数名いる、というような感じのコンテストが多いので、出場したというだけでは「とてもすごい事」という事ではない可能性があります。ですから「コンテスト出場したことがある」という美容師をどう評価すればよいのか、ということを考えなくてはなりません。そんなにすごい事ではない、と言ってしまうと美容師の皆さんに失礼かもしれませんが、実際にエントリーするのは自由であることが多いので、エントリーした事や予選に参加したことを「出場した」というのであれば、それは普通の美容師である、という事になってしまうかもしれません。

 

今年のトレンドサロン

主婦が口コミで話題の笹塚美容室

美容室 ヘアサロン 笹塚 カット カラー パーマ 人気 口コミ 主婦

天神にある口コミで人気の美容室

美容室 天神 ヘアサロン カット カラー 口コミ おすすめ 人気

ホーム RSS購読 サイトマップ