履歴書の見た目

履歴書の見た目

履歴書の見た目

履歴書を見る側になって考えてみると解りやすいと思うのですが、まず履歴書を渡されたり封を開けたりした時に、パッと広げて履歴書全体が目に飛び込んできますよね。その時の印象と言うのも一つのポイントだと思うのです。良く言われるのは丁寧な字で、という事ですよね。ですがパッと開いた時にいきなり「字が汚い!」と思うのではなくて、まずは全体の印象があると思うのです。それは「空欄」つまり「白い部分の広さ」だと思うのです。空欄が多いと当然履歴書はパッと見の印象が白っぽくなります。未記入の欄が多い、文字数が少ない、という事は当然ながらあまり良い印象とはなりません。「書くことが無い」とみなされても仕方ありませんし、それは同時に「やる気が無い」取られてしまう可能性が大きいでしょう。ですからパッと見た時に空欄が目立たない履歴書を作成する事が必要だと思います。特に自己アピールや志望動機の欄は、履歴書の様式ではほとんどの場合かなりスペースが取ってあります。そこが埋められない、というのはとても残念です。もしもどうしても自分はそういった記入欄を埋めるのが苦手だ、と思うのであれば、最初からそういう欄のスペースがなるべく狭い様式の履歴書を使った方が良いでしょう。

 

読まれるための履歴書

 

美容師として働く先を探している時には多くの場合履歴書が必要になります。履歴書はどんな職業に就くにおいても、その会社やお店と求職者を結ぶ第一歩となるものです。ですからその履歴書によってまずは本人の印象が決まる、と言っても良いかもしれません。そういう意味では美容室や美容師においても履歴書はとても大切なものとなります。当然ですが履歴書は記入する本人にとってはそれを見てもらって、良い評価を得て採用されるために書かなくてはなりません。漠然と「採用される履歴書」といってもどんなものなのか解り辛いですよね。一般的な就職活動向けの指南書などには、「受かる履歴書の書き方」などが掲載されているようですが、一般企業である場合と、美容師の様な技能職のようなケースとでは、評価の仕方が違っていたりもします。美容師としてお店の経営者やスタッフに好感の持たれる履歴書、というのはどのように記入されたものなのか、という事をまずは検証してから記入する方が良いですね。必ず意識しておかなくてはならないのは、履歴書を見るのは自分ではなく、採用担当者やその美容室のスタッフであり、それらの人に見てもらうために記入するものだ、という事でしょう。自分がその履歴書を見る側になって考えると、どのような履歴書が好ましいか自ずとわかってくるかもしれません。

 

美容院・美容室の予約はこちら

辻堂で美容院のご予約はこちらから

辻堂にある美容院

人気の美容院のご予約はこちらから

辻堂の美容院

宇都宮で美容院のご予約はこちらから

宇都宮にある美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ