髪を切る仕事が始まった背景

髪を切る仕事が始まった背景

髪を切る仕事が始まった背景

髪の毛と言うものはどういう人種であれ、どういう年代であれ、どこに住んでいようとも伸びてくるものです。ですから髪を切る、という事は生活に支障が出てくるとどうしても行わなくてはならない行為であったと思われます。ですが仕事として「人の髪を切る事」ということが始まったのはどこでいつ頃始まった事なのでしょうか。今や当たり前になっている「髪を切ってくれるお店」について私達はその歴史はあまり知らないのではないでしょうか考えてみると、なにも誰かにお金を支払って切ってもらわなくても自分で切ったり知人に切ってもらう程度でも十分生活していく事は出来るでしょう。確かに現代では美的感覚が大昔とは違っていると思いますから、ヘアスタイルを整えない事は不衛生、だとか、やる気がない、といったマイナスイメージにつながってしまうのですが、ずっと昔から髪の毛と言うのはそのように「整っている方が好ましい」というものだったのでしょうか。そうであるならばそのために特定の髪を切る技術を身に付けた人が誕生したこともうなずけますね。何気なく通っている美容室ですが、その歴史はかなり深く、色々な変遷をたどって今のスタイルになって来たようですね。そして髪を切ることに対する歴史は日本だけではありません。むしろ日本よりも歴史の深い古代エジプトなどの文化から始まったようですね。

 

ヘアカットの誕生

 

必要だから髪を切る、のではなくて、整える目的で髪を切る、という職業が誕誦したのは一説によると古代エジプトの僧侶が神事として行い始めた、とされています。僧侶の他にも役学者や医者もそういった事に関わっていたようです。そして今の様な美容室ではなどちらかというと床屋のような目的で中世ヨーロッパで髪を切る、という行為が外科医によって行われるようになったようです。人の身体に対して刃物を使う、という点では確かに美容師と外科医は共通しているかもしれませんね。エジプトやヨーロッパで髪を切る、という文化が現れていたにもかかわらず、日本における床屋の誕生はそれにくらべるとかなり遅かったようです。これだけ流行を発信する国となったにもかかわらず、髪を切ることに関しては、諸外国とはかなりかけ離れていた、というのはちょっと不思議ですね。そこには宗教的な影響も関係しているのかもしれません。また外科医のような西洋医学に従事する医者の出現も諸外国よりはおそかったようですから、髪を切る医者、すなわち理容師の誕生も遅かったのかもしれません。確かに日本の歴史を考えてみると、明治時代になるまでは人々は男女問わず長い髪をしていますよね。男性は髪を結っていますし、女性は長く伸びた黒髪が魅力の証、という感じでしたよね。

 

TOPICS

 

更新情報→吉祥寺ヘアサロン

吉祥寺にあるヘアサロン

更新情報→吉祥寺にあるヘアサロン

吉祥寺にあるヘアサロン

更新情報→上福岡の床屋

上福岡にある床屋

ホーム RSS購読 サイトマップ