美容師の履歴書

美容師の履歴書

美容師の履歴書

一般的な企業に就職する場合でも、美容室に就職しようとする場合でも採用試験がある所が殆どです。採用試験の内容はそのお店によって違う物ですが、多くの場合必ず必要とされるのが「履歴書の提出」だと思います。おそらくアルバイトやパートであってもこの履歴書の提出を求められることが殆どです。そしてこの履歴書を提出する時から採用試験は始まっている、と考えた方が良いでしょう。つまり採用となる履歴書と不採用となる履歴書がある、ということになるので、履歴書を記入して提出するまでもすでに採用試験を受けている、戸思った方が良いですね。履歴書は一般的に顔写真を貼付し、自分の経歴や人物像、志望動機を記入するようになっています。お店側が用紙を用意する場合も有れば、履歴書なら市販ので良い、と言う所も有ります。いずれにしても綺麗なものを用意して記入しなくてはなりません。まずは顔写真です。ここで美容室に提出する場合に注意したいのは、美容師の採用試験というのは一般企業とは少し違う、と言う事です。それは求められる人物像のイメージが一般企業とは少し異なる、と言う点でしょう。一般企業ではスーツを着用してまじめなイメージで撮影する事が多いですが、美容室ではむしろ自分のヘアスタイルや顔の表情も審査の対象となることがあると考えた方が良いでしょう。

 

試用期間

 

よくどんな企業でも新人を採用した場合に「試用期間」と言うのを設けていますよね。これはその新人に対して「この美容室に就職して本当に良いかどうか」ということを雇われる側が判断する期間でもあり、逆に採用した美容室側が「この新人はこの美容室に本当にふさわしいか」と言う事を試している期間でもあります。採用された方にしてみればその期間内に「採用された時に提示された条件は守られているか」と言う事を確認する事もできます。なにか思っていたのとは違う事があればこの期間内に申し出る事も出来ますし、不都合な事があれば入社を辞退する事も出来るでしょう。この期間内の給料に関しては、その美容室で決めた金額が支払われることになっているようですね。ですから入店してしまったらもうここで働くことが決定した、というわけではなく、試用期間が設けられている場合にはその間に互いいろいろな事を見極める事が出来る、と言う事になるようです。その期間を過ぎれば晴れて正式にそこの美容室の社員となる訳ですし、給料も社員として認められた額が支払われるはずです。こういう期間を設けていない美容室もあり、会った方が良いのかない方が良いのか、と言う事は判断しにくいところですが、そういう期間があれば色々考える時間がある、と言う事は知っておいた方が良さそうですね。

 

ピックアップ !!

 

溝の口にある美容院をピックアップ

溝の口にある美容院

綱島にある美容院をピックアップ

綱島にある美容院

府中にある美容院をピックアップ

府中にある美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ